<   2016年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

2016年10月23日(日)目国内岳

懸賞 2016年 10月 31日 懸賞

2016年10月23日(日)


24日から道道58号線と66号線が冬季通行止めになり暫く目国内岳に登れなくなるので(冬は新見峠から歩いて登れるけど登る気ナッシング\(^o^)/)最後の目国内岳に登ってきました。
目国内岳はルナの登山デビューの山なので何となく特別感があります。


という訳で出発します。

登山届けのポストはもう撤去されていました。
何だか切なくなります。

1合目から既にうっすら雪があって3合目あたりからもうこんな感じ。
b0354279_21242025.jpg


前目国内岳到着ー。
ここから1合位下ります。
b0354279_21243526.jpg


寒い。
あまり天気がよくないせいか更に寒い。
b0354279_21245047.jpg



山頂…アカン、あれ見ただけで凍えてまう。
b0354279_21250627.jpg


「おーい帰ったぞー。」

酔っぱらいが寿司折り持って帰宅した感じですね。
b0354279_21252286.jpg


今期初のつららです。
昔よく食べたなぁ…。
b0354279_21253941.jpg
b0354279_21255184.jpg
b0354279_21261086.jpg



目国内岳の頂上って、ちょっと小振りなパイ乙に見えるのは私だけでしょうか。
でもきっと世の中は大きい方が良いんですよね。
小さくても形が良ければ良いんじゃないかなぁ。
え?ひんぬーの負け惜しみだって?
まな板にレーズンなめんな。

って何の話ししてんだ。
b0354279_21262424.jpg


頂上のガレ場が見えてきました。
b0354279_21264679.jpg


あともう少し。
b0354279_21270125.jpg


到着ー。
b0354279_21271585.jpg

もう寒すぎてこれからの季節は笑顔を作る事なんて出来ません。
上の写真も真顔です。


/ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
   / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
   |;;::              ::;;|
   |;;::              ::;;|




寒すぎるのですぐに下山します。


樹氷。
b0354279_21272823.jpg
b0354279_21274835.jpg


前目国内岳まで来ました。

そう言えばいつもはタイツスタイルなのですが、前回登ったイワオヌプリから遂にズボンスタイルになってしまいました。
ズボンスタイル好きじゃないんです…。
私が履くと何かもっさりしていて田舎っぽい感じが否めない。
まぁ田舎者なのは事実なので田舎っぽい物は似合うんですけどね。
高校生の頃つなぎの作業服が似合いすぎてとある先生に「ミス作業服」の称号を戴きましたから。
b0354279_21281039.jpg


おや?とても大きな足跡のような?
b0354279_21283308.jpg


あ、これ人じゃない\(^o^)/
熊さん的なアレだコレ\(^o^)/
b0354279_21285039.jpg
2合目から3合目の間に行ったり来たりした後が沢山ありました。
きっと冬ごもりの準備に忙しいのかなー。
結構大きな足跡だったので鉢合わせしなくて良かったです。



コケた。
ていうか写真撮られてるの知らなかった。
コケても全然心配されていない事がわかりますね。
冷めきった夫婦仲なのがよくわかります。
b0354279_21290911.jpg



無事登山口に到着しましたー。
b0354279_21293734.jpg


まだつぼ足でいけましたが、そろそろ軽アイゼンを常備しておいた方が良いかなと思いました。
天気も微妙だし兎に角寒すぎて発狂しそうでした。
まぁ狂っているのは常日頃ですけど。
皆様も風邪にはお気を付け下さい(´ρ`)




コースタイム
登山口12時28分→前目国内岳13時02分→目国内岳14時03分→下山開始→14時13分→前目国内岳14時59分→登山口15時30分

登り1時間35分
下り1時間17分





[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-31 20:49 | 登山。 | Comments(10)

明日はハロウィンですお(´ρ`)

懸賞 2016年 10月 30日 懸賞

明日はハロウィンですね。

元々は北米の辺りでハロウィンの夜に子供達が魔女や幽霊等に扮して各家を練り歩いて「trick or treat!(お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ!)」と言いながらお菓子をねだるイベントだったような気がするのですが、いつの間にか日本でもハロウィンが定着しましたね。日本ではコスプレした人達が街を練り歩くリア充イベントになっているみたいですが。
私の中ではかぼちゃのスイーツをむさぼり食うイベントだと認識しています。

上記の台詞、子供が言うから良いのであってもし某ゴ●ゴ13辺りの人に「お菓子をくれなければ悪戯するぞ…」なんて言われた日にはたまったもんじゃありませんね。
一瞬でも躊躇ったが最後、心の臓に風穴があく可能性が無きにしもあらずです。
ちなみに私にお菓子をくれなかった場合は、くれなかった人に一日一回は必ずタンスの角に小指をぶつける呪いをかけます。


話がおかしくなりましたが、ハロウィンのコスプレを見て以前私もコスプレのような事をしたのを思い出しました。(ハロウィンにした訳では無いです)


それがこちらの写真です。
b0354279_13381649.jpg

チマチョゴリなのですが、庶民が着るようなものではなくて中殿(王妃様)が着ている物になります。
韓国ドラマが好きでよく見ているのですが、いつか王妃様が着ているようなチマチョゴリが着たいとずっと思ってました。
中殿が着ているチマチョゴリはこんな感じです。
b0354279_13402050.jpg
肩と胸に金色の龍の刺繍があります。
これは大妃(王様の祖母、母)、王様とその正妻の中殿、王様の跡継ぎの世子とその正妻の嬪宮にのみ付ける事が許されていました。
また盛り盛りの頭は加髢(カチェ)を被せてオヨモリという髪型を作り(これがまた重い!)更にトルジャムという華やかな簪をオヨモリの左右と中央に刺します。このトルジャムは普通の庶民ではつけられません。他にもノリゲや刺繍の色等細かい所が色々と豪華だったりします。

このきらびやかな王妃様になって写真を残してみたくて色々調べたら、東京の新宿で着付け、メイク、写真撮影をやってくれる写真館を見付けました。
見付けたらば最後、行きたくて仕方が無かったので予約をして行ってきました。
私は絶望的に方向音痴なので旦那が案内役です。こんなクソみたいな女を嫁にして旦那もいい迷惑ですね。
でもいつも我が儘を聞いてくれて有難う。

こちらの写真館はご夫婦で経営されているのですが、お二人とも韓国の方なので話が弾む弾む。
私が最も大好きなドラマが「張禧嬪」で、最も大好きな女優さんが主演されているキム・ヘスssiなのですが、内容もどんな人物だったかも通じるのでとても嬉しかったです。
メイクも張禧嬪っぽくしてくれました。


ちなみにこちらが張禧嬪のキム・ヘスssiです。
b0354279_18554222.jpg
う…美しい…もうほんと大好き。
このドラマが好き過ぎてDVDーBOXを買いました。
実在している朝鮮三大悪女の一人なのですが、中人(下級官吏)からその美貌と野望で王妃にまで登り詰めた唯一の女性です。
本来なら身分的に王妃にはなれないのですが、側室の最高位の禧嬪になり更には子供が産めなかった王妃を追い出して自分が王妃の座につきました。(その後また禧嬪に降格されましたが)
もうほんっと悪女なんですけど何故か大好きなんですよね。



で、撮影風景がこんな感じ。
b0354279_13404052.jpg
「禧嬪っぽい目線してみて^^」とか「王様を見つめる感じで^^」等声を掛けてくれます。
まぁ実際に私が王様の顔を見つめたらその場で不敬罪で牢屋にぶちこまれるでしょうけど。
私がこの時代に産まれていたら道端に落ちている石ころ以下の身分でしょう。


最初は緊張していたのですが、時折出てくる韓国ドラマネタに笑いも出てリラックス出来るようになりました。
b0354279_13405480.jpg


出来上がった写真は三面アルバムにしてもらって、その他の写真はデータCDで郵送してもらいました。
b0354279_13412060.jpg
上の二枚の写真はおまけで付けてくれました。
b0354279_13413847.jpg



一番お気に入りの写真。
b0354279_13420025.jpg

旦那と撮ってもらったのですが、旦那の服装が平常運転過ぎる\(^o^)/

旦那に「王様の服着る?」と聞いたら

b0354279_19290441.gif
されました\(^o^)/

良いんだ…思い出になったから(´・ω・`)


今の所、私の遺影候補です。


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-30 20:03 | 雑記。 | Comments(14)

イクラが美味しい季節ですね。

懸賞 2016年 10月 29日 懸賞


毎年秋になると我が家では生筋子を買ってきてイクラの醤油付けを作ります。

網に優しく擦り付けてほぐして膜や皮がついていたら取り除いて、水が透明になるまで食塩水を数回取り替えて。
その後ざるにあげて水をよく切って味付けして時間を置いて。

そうして手間ひまをかけて美味しい美味しいイクラを作ります。


旦那が。


私?私は食べる専門です。
何せイクラはルナの大好物ですからね。

このイクラ、作ってくれた旦那の口には一口も入りません(^q^)



見て下さい、この美しい輝き。
b0354279_19143846.jpg

マジで宝石箱だと思う。
b0354279_19145801.jpg

私の食べ方はまずイクラをたっぷりスプーンですくって、そのまま口にINします。
そしてそれを数回繰り返してたっぷりとイクラを堪能した後、いよいよ白米を口に入れます。
いきなり御飯にかけることはしません。
イクラを口に入れてイクラのみ暫く味わう→白米を口に入れてさらに味わうを交互に繰り返します。
そして最後にイクラを白米にぶっかけてイクラ丼にしてフィニッシュです。
御飯四合は余裕で無くなります。

こんな食べ方お店では割高なので出来ません。
手間はかかりますが生筋子を買ってきて手作りした方が安価で大量に作れてたっぷりとイクラを堪能する事が出来ます。
まぁ私は旦那が一生懸命作ってる所を横から物欲しそうにじっと見つめているだけですが。


<●> <●>

でもいつも有難う。
本当に美味しいです。



で、私のネイル、いつもこんな感じで赤のラメを全塗りしているのですが
b0354279_19443679.jpg
b0354279_19444903.jpg

これ見ると綺麗だなーって思うより先に

「イクラ食いてぇなー。」

って思います。

何でも食べ物に連想する私の脳味噌、もう救いようが無いですね。
むしろ脳味噌なんてあるんだろうか。

でもイクラを浴びる程食べれて幸せですた(^q^)


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-29 20:33 | 食べ物(^q^) | Comments(10)

2016年10月21日(金)イワオヌプリ

懸賞 2016年 10月 29日 懸賞

2016年10月21日(金)


24日に道道58号線が冬季通行止めになり暫く行けそうにないので(行けない事は無いけど結構遠回りになる)冬季通行止めになる前の最後のイワオヌプリに登ってきました。

の、ですが、

ゲート閉まっとる\(^o^)/

何でやねん!24日からって言うてますやん!

五色温泉のインフォメーションセンターのブログでもそう書いてあったyo!

ひえー一気にテンションダウン。

取り敢えず登る気は米粒程には残っていたので遠回りして向かう事に。

で、着きましたらば、あらまぁ白い✨❄


ぎゃーーーーーー!寒いーーーーーー!


しかし来てしまったので取り敢えず登ります。
b0354279_21213307.jpg


まだ登山ポストがありました。

…誰も登ってねぇ。
b0354279_21214912.jpg


この階段…いつもしょっぱなから体力を持っていかれます。
b0354279_21220488.jpg


おー、降ったなぁ。
b0354279_21221780.jpg


寒い。帰りたい。
b0354279_21223729.jpg


到着ー。
b0354279_21225664.jpg

山頂で夫婦二人きり…温かいコーヒーでも飲みながら「雪景色の山も素敵ね。」なんてロマンチックなムードに…


なる訳ねーだろ!!


こちとら死ぬ程寒ぃんだよ!



アンヌプリも山頂の方は白いなぁ(遠い目)
b0354279_21231211.jpg


かぼちゃ星人があらわれた!

心なしか震えているようだ。

もうマジ無理。寒い。帰る。
b0354279_08011352.jpg



おっ、天使の梯子。

もう疲れたよパ○ラッシュ…ってやったら暖かい場所に連れていってくれないかなー。
まぁ天使に運ばれる時点で「うるせぇこの女」っつって落とされるだろうけど。
b0354279_21232946.jpg


心なしかかぼちゃの葉っぱも元気が無いように見えます。
b0354279_21234849.jpg


雪がついたナナカマド。
b0354279_21240743.jpg


天気はあまり良くないし寒いしで特に何も無いハイキングでした。

道ナビで道道58号線について調べたら、路面凍結の為通行止めになってました(´・ω・`)

下山してからインフォメーションセンターに寄ったのですが前日はこの日よりもわたわた雪が降ったみたいです。

嫌な季節がやってきました…。

冬の楽しみなんて冬至の時に食べるおしることクリスマスケーキと年越しそばとお雑煮とバレンタインチョコとホワイトデーのスイーツ位しかありません…。

さて、肥えるぞ。



コースタイム
登山口13時01分→イワオヌプリ13時44分→下山開始13時48分→登山口14時17分

登り43分
下り29分

[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-29 01:02 | 登山。 | Comments(4)

2016年10月16日(日)手稲山②

懸賞 2016年 10月 28日 懸賞

前回の続きです。



ガレ場ゾーンの紅葉を見ながら登って行きます。
b0354279_19162454.jpg


…って言うか…滅茶苦茶暑い。

ここ暫く寒い日が続いていたので(この日の前に登ったイワオヌプリと岩内岳~雷電山は凄い寒かった)上は三枚重ね、上下ミズノのブレスサーモ&貼るほっカイロで寒さ対策ばっちりd=(^o^)=bだったのですが…

あっちぃなオイ!

顔から汗出てくるんですけど?!(寒がりな私が真夏以外で顔から汗が出てくるのは珍しいです)

俺のブレスサーモが火を吹くぜ!

とか言ってる場合じゃない。

暑さに弱い旦那なんてもうこんな顔してました。

b0354279_19433304.gif
b0354279_19165049.jpg
b0354279_19170390.jpg


ケルンまでやって来ました。
山頂まであともう少しです。
b0354279_19171533.jpg



13時39分山頂到着ですー。

この時間ですが山頂にはまだ人が沢山いました。

そう言えば本州の人と話した事があるのですが、本州の山での沢山と私が言う沢山は全然数が違うみたいです。
本州では山頂が人でいっぱいで休憩する場所が無い時もあるとか。対して私の中での沢山は10人でも沢山です。
b0354279_19173235.jpg


手稲神社奥宮。
b0354279_19174596.jpg



お昼御飯を食べて下山します。
b0354279_19180443.jpg

b0354279_19182121.jpg
b0354279_19183466.jpg


たまに振り返ってみたり。
b0354279_19185056.jpg
b0354279_19191068.jpg


やっぱり綺麗だなー。
b0354279_19192614.jpg
b0354279_19194173.jpg
b0354279_19195460.jpg


ガレ場ゾーンの紅葉ともお別れです。

ゆっくりして行きたいけど…俺には行かなきゃいけない場所があるんだ…。

ヒャッホウ!すたみな太郎待ってろよ!(心の声)
b0354279_19201004.jpg


ここまで下りて来ましたー。
b0354279_19202837.jpg



「命」

やってみたけど上げる足が逆だし写真はボケてるしツメの甘い夫婦です。
b0354279_19204184.jpg
b0354279_19205322.jpg


暖かいと川のせせらぎも気持ち良いです。
b0354279_19211158.jpg


登山口まであともう少しです。
b0354279_19213156.jpg


無事下山しましたー。
b0354279_19214776.jpg


紅葉がちょうど見頃の時に登れて良かったです。

この日はたまたま気温が高い日だったようで暑さ対策をして行ったので大変でしたが、寒いのよりは全然良いのでのんびりと紅葉を楽しむ事が出来ました。

また来年もこの時期に登りに来れたら良いな。


と、綺麗に締めたい所ですが、そうはいかないのが私。

この日、わたくし


ズボンのチャック全開で登ってました\(^o^)/


下山時に気が付きました。

いやー、すれ違う人達に爽やかに「今日和ー」とか挨拶してたけど、ズボンのチャック開いてたら爽やかもくそもねぇわ。

とんだ変態だよ。



この後は秀岳荘で買い物→ほのかで温泉と岩盤浴→快活クラブに泊まった後、翌日にすたみな太郎でモンブラン祭りをしてきました(^q^)

秋は紅葉も良いですが、やっぱり私はモンブランの方が大好きです(^q^)



コースタイム
登山口11時34分→手稲山13時39分→下山開始14時18分→登山口15時54分

登り2時間5分
下り1時間36分


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-28 00:39 | 登山。 | Comments(8)

2016年10月16日(日)手稲山①

懸賞 2016年 10月 27日 懸賞

2016年10月16日(日)


岩内岳~雷電山ピストンの翌日、天気もまだ良さげなので紅葉が見頃そうな定山渓小天狗岳にでも登りに行こうかなーと思っていたら何故か手稲山に登ることになりました。

うんうん、手稲山ね、良いんじゃない^^
去年同じ時期に登った時も紅葉綺麗だったもんね^^

すたみな太郎あるし。

おっと本音が漏れ出てしまったようです。

紅葉で腹が膨れるか!飯だ!飯持って来い!

と言いたい所ですがそこは大人なので言いません。書きますけど。




と、いう訳でやってきました。


旦那が夜勤明けで中途半端な時間に着いたのと日曜日だった事もあり駐車場は満車でした。

人が多い場所が苦手なのでちょっとテンションが下がるルナ。

でもそんな下がったテンションも登り始めたら一気に上がる事になります。



11時34分、出発ですー。
b0354279_19103720.jpg


登山口から山頂までは約5km程あります。
b0354279_19105531.jpg

b0354279_19111638.jpg


ちょうど見頃だったのか綺麗な黄葉(たまに紅葉)を見ながら登って行きます。
最初はなだらかな傾斜が続くので歩きやすいです。
b0354279_19113553.jpg


紅葉。
b0354279_19115106.jpg


手稲山は黄葉がとても綺麗な山だと思います。
b0354279_19120438.jpg
b0354279_19124470.jpg


布敷の滝。
ここら辺から徐々に傾斜が出てきます。
b0354279_19125815.jpg


まだピースをする余裕があるようです。
ていうかスパッツ汚なっ。
b0354279_19131233.jpg


赤と黄色が混じった葉っぱも素敵。
b0354279_19132448.jpg


ひたすら登りが続きます。
前日の疲れが残っているせいか一段としんどい。
でも綺麗な黄葉を見たら疲れも飛んで行きま…せん\(^o^)/きっつい\(^o^)/
綺麗だねー!とか景色を見るふりをしながら休憩を取っている事は秘密です。
私にもミジンコ並のプライドがあるので疲れた所は見せません。
b0354279_19134737.jpg


赤、オレンジ、黄色、緑が凄く綺麗です。
b0354279_19140518.jpg


やってきました、手稲山の一番の紅葉スポット、ガレ場ゾーン。
b0354279_19142308.jpg
b0354279_19143406.jpg
b0354279_19145194.jpg

見頃を迎えたようです。
低かったテンションも徐々に上がっていたのですがここにきて一気に上がりました。
b0354279_19151048.jpg
b0354279_19152537.jpg
b0354279_19154083.jpg

写真ではなかなかお伝え出来ないのですが素晴らしい光景でした。

この場所には沢山の人がいました。
カメラで写真を撮っている人、ただただ座って紅葉を見ている人、暖かい日だったので寝っ転がってくつろいでいる人、みんな紅葉を楽しんでいました。
b0354279_19163657.jpg

私も素晴らしい紅葉を見ながら登りました。

が、

がっつり道を間違えました\(^o^)/

道理で無駄に急斜面な訳だ。
よそ見してたらこれだよ!
ていうか旦那もわかってたなら教えてよ!白髪むしるぞ!



そんな訳でその②に続きます。









[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-27 00:51 | 登山。 | Comments(8)

2016年10月25日(火)恵庭岳ジャンダルム❇(仮)

懸賞 2016年 10月 26日 懸賞

2016年10月25日(火)


ずっと登ってみたかった恵庭岳ジャンダルムに念願叶って登ってきました。


*☆**☆*
*☆*★★★*☆*
`*☆*★※※※★*☆*
*☆★※☆☆☆※★☆*
*☆キタ━(゚∀゚)━!!☆*
*☆★※☆☆☆※★☆*
`*☆*★※※※★*☆*
 *☆*★★★*☆*
*☆**☆*


高度感たっぷり、景色最高!凄く心が踊りました!

大変なのに連れてきてくれてサポートしてくれたtarumaeーyamaさんには感謝感謝です(´ω`*)



b0354279_03430356.jpg
b0354279_03455901.jpg


とても楽しい一日でした(°∀°)

詳細はまた後日書きますφ(..)


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-26 06:06 | 登山。 | Comments(8)

自然が織り成す神秘的な現象。虹色の奇跡。

懸賞 2016年 10月 26日 懸賞

2016年10月25日(火)


昨日恵庭岳に登っている途中、空を見上げると不思議な現象が目に入りました。
b0354279_03415035.jpg


日暈かな?と思ったのですがそれ以外にも虹色に輝く光の帯のようなものが見えます。
b0354279_03420986.jpg


後程調べてみてわかったのですが、色々な大気光学現象が起こっているようです。

ハロ(日暈)…太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象。
幻日…太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象。
幻日環…天頂を中心として太陽を通る光の輪が見られる大気光学現象。
下部ラテラルアーク…太陽の周りに出来る虹のように分光した弧状の光の帯の一つ。
上部タンジェントアーク
下部タンジェントアーク
※某Wikipedia先生で調べました。タンジェントアークは私のミジンコ並みの脳細胞では何言っているのかわからない\(^o^)/ので省略です。

と6種類もの現象が組合わさっているみたいなのですが、これだけ一気に見られるのは極めて珍しい現象のようです(実際ハロは時々見られるみたいです)
雲の薄さや高さ、太陽の位置、風の強さ等色んな条件が揃わないと見られないみたいなのでこれだけいっぺんに見れるのは貴重。
b0354279_03422311.jpg
b0354279_03425141.png
※weathernews様のサイトから画像をお借りしました。


難しい事はわからないけど、この現象を直接見れて本当に良かったです。
写真を撮ろうとしてもなかなかうまく写らないけど凄く神秘的で綺麗でした。



でもこの日一番奇跡だったのは恵庭岳から下山して温泉に入った後、お気に入りのアイス屋さんの閉店時間1分前に間合った事です(^q^)ブランデーワインシャーベットうまー(^q^)


.    n Λ_Λ
    (ヨ(´・ω・`) イエァ!!!
   ≡ y  と丿
   ≡(_ノ ノ
    ≡(ノ´

[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-26 05:43 | 雑記。 | Comments(4)

2016年10月24日(月)プチ遠征登山(仮)

懸賞 2016年 10月 25日 懸賞

2016年10月24日(月)


先日登った手稲山をUPしようと思ったのですが、昨日ちょっとばかし遠征して山に登って寝不足でこのままだとブログを書いている間に意識が無くなりそうなので昨日(24日)に撮った写真を数枚UPします。



山に向かう途中の日の出。
b0354279_00172515.jpg


雄の鹿でっけー!(°∀°)
b0354279_00175497.jpg


かぼちゃと紅葉。
b0354279_00182540.jpg




そいやー!
b0354279_00185856.jpg



でっかいハンバーガーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
b0354279_00193184.jpg


昨日の旅ダイジェストでした。

この写真で私が何処に行った(登った)かわかったら凄い\(^o^)/

この日の事も後日UPしますφ(..)



今日もお山に登って来ますー。



ワッショ━━(∩´∀`)∩´∀`)∩´∀`)∩´∀`)∩´∀`)∩━━イ


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-25 00:50 | 登山。 | Comments(4)

2016年10月15日(土)岩内岳~雷電山ピストン②

懸賞 2016年 10月 24日 懸賞

前回の続きです。


雷電山まであともう少し。
もうへろへろりんちょですが頑張って頂上を目指します。
しかし今更だけど縦走向いていないな。本音は一時間位の山を登っていたい。
b0354279_09222535.jpg




山頂到着ー!

雷電山の看板は大分朽ちています。

ちょっとギターっぽく持ってみるルナ。中二病の心をくすぐります。
b0354279_09224922.jpg


頂上は笹やら何やらに囲まれて特に景色はありません。
目国内岳、アンヌプリ、羊蹄山が見えます。
取り敢えずここで御飯を食べてちゃっちゃと下山する事にします。
b0354279_09230805.jpg


下山しますー。
b0354279_09232921.jpg


目の前に目国内岳。
b0354279_09234398.jpg


岩内岳が見えます。
遠い…。
b0354279_09235989.jpg


岩内岳とナナカマドの実。
この実っこ、食べれたら良いのにといつも思います。
b0354279_09242927.jpg


やっと分岐まで戻ってきました。
でもここからの登り返しが地味にHPを削りにきます。
b0354279_09244370.jpg




山頂直下にあるお立ち台です。

こういう所が大好きなルナ、早速モデルばりのポーズを決めたいと思います。

よしっ
b0354279_09245770.jpg


そいやー!!
b0354279_09250826.jpg
おわかり頂けただろうか…このへっぴり腰っぷり。

歩き疲れて足に力が入らない&強風のせいでえらい情けない格好です。
何がモデルだバーカ。


四足歩行のかぼちゃ。
夜中に見たら腰抜かす自信あるなこれ。
b0354279_09252376.jpg


岩から降りる姿がまた情けない雰囲気を醸し出しております。
マジで疲れた…。
b0354279_09254462.jpg



何とか岩内岳の山頂に戻って参りましたー。
b0354279_09260884.jpg


時間が無いので下山します。
b0354279_09281720.jpg


登りでは下ばかり見てあまり気付かなかったのですが、なかなかなかなか綺麗な黄葉でした。
黄葉のトンネルみたい。
b0354279_09282828.jpg
b0354279_09284313.jpg


日の光に照らされて良い感じに色付いて見えます。
b0354279_09290210.jpg
b0354279_09291449.jpg


少しですが紅葉もありました。
b0354279_09293287.jpg




さて…本日のメインイベント、「山ぶどうを嗜む会」のお時間がやって参りました。



これは…良い感じに熟した山ぶどうですね。

へへへ…良い色してやがる…。
b0354279_09294504.jpg

たわわに実った熟した山ぶどう…ピチピチの若い子も見た目は良いですが何処と無く青臭い、やはり成熟酸いも甘いも知っている大人の実をじっくりと味わいたいものです。
あ、ぶどうの話ですよ。
b0354279_09295684.jpg


おいCーーーーーーーーーーーーーーーーー!(^q^)

期待以上の美味しさです!

熟しているので甘味があってでもちょっと酸味もあるのでこれがまた美味しい。

きっと地上で食べても普通に美味しい、で終わっていたのでしょうが、登山で疲れているので凄く極上の味になるのでしょう。
そういう意味では登山って魅力的な趣味だと思います。

下山しながら食べようと山ぶどうを持ちながら歩いていたのですが、見事にすっ転びました\(^o^)/


山ぶどうを持っている右手は天高く突き上げたままなので無事に守りました!
代わりに私の左腕は流血しました\(^o^)/
身を呈して食べ物を守る…食いしん坊万歳\(^o^)/
死ぬときは白米を口に頬張ったまま死んでいきたいです。




無事下山しましたー(°∀°)
b0354279_09300961.jpg

いやー、疲れました。
でも雷電山は未踏だったので今年中に行けて良かったです。
急激に決まりすぎてまさか縦走する事になるとは思いませんでしたが、終わり良ければ全て良しでした。
でも岩内岳~雷電山は笹刈りもされていて急な坂も無く歩きやすいので1年に一回位は行けたらなと思います。



コースタイム
登山口9時48分→岩内岳11時19分→岩内岳出発11時28分→幌別岳分岐12時23分→雷電山13時00分→雷電山出発→13時35分→幌別岳分岐14時05分→岩内岳15時01分→岩内岳出発15時05分→登山口16時20分

登り→岩内岳まで1時間31分・岩内岳から雷電山まで1時間32分
下り→雷電山から岩内岳まで1時間26分・岩内岳から登山口まで1時間15分


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-24 00:34 | 登山。 | Comments(6)