タグ:火山 ( 9 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

2016年12月11日(日)ボルトポーズが決まった有珠山(仮)

懸賞 2016年 12月 14日 懸賞

2016年12月11日(日)


3日に引き続き、またもや有珠山に登ってきましたー\(^o^)/
先月有珠山デビューして、通算四回目の有珠山です。
登ってから三日も経っているので速報版もクソも無いのですが、速報版として写真を数枚ぺろっとうpしますん。


青空の下、小有珠でボルトポーズ\(^o^)/
b0354279_18421732.jpg
※tarumae-yamaさん撮影。



今回のメンバーはtarumae-yamaさん、TOMさん、i-tomoさん、くーたさん、tacasicaさん、私達仮面夫婦の七名です。
b0354279_18464249.jpg

太平洋が輝いて綺麗です。
b0354279_18395360.jpg


勿論この日も大有珠のお立ち台でポージング。
b0354279_18384530.jpg

この日は樹氷が最高に綺麗でした。
樹氷は海老の尻尾に見えるので、この日何回海老フライが食べたいを連呼したか…。
b0354279_18393130.jpg
※次の日運河亭で海老フライを食べました(^q^)


オガリ山から有珠新山への稜線。
b0354279_18402336.jpg


オガリ山で写真を撮ってくれているtacasicaさん。
絵になります。
b0354279_18400933.jpg

有珠新山。
ここの急斜面から下って小有珠に向かいます。
b0354279_18403622.jpg


先日モンブラン教を創始した場所。
b0354279_18405485.jpg
折角モンブラン教を創始したのにすたみな太郎のモンブランが終了するという大ダメージを受けた私。
いまだに立ち直れていません。
モンブランの事を考えて眠れぬ日々が続いています。一日12時間程しか眠れていません。



小有珠から撮った火口。
b0354279_18410796.jpg

小有珠。
晴れてはいるのですが、かなりの強風で寒すぎてヤケクソなポーズになっております。
b0354279_18412345.jpg
別アングルから撮って頂きました。
b0354279_23112917.jpg
この日旦那が初めてバラクラバを装着したのですが、上下夏服なのに顔だけ冬だったので何だかギャグのようでした。
いまだに夏服で山に登れるだなんて化け物かコイツ。


モンブラン教の教祖再びここに立つ。
b0354279_18423516.jpg
ちなみに私、今回頭がクリスマスバージョンになりました。
可愛い帽子なのですが生地が薄いので寒かったです\(^o^)/



草?枝?に雪がくっついてぽしょぽしょしています。
冬限定、もしくはピーナッツのポッキーに見えるのは私だけでしょう。
b0354279_23034477.jpg


この日もボルトポーズ連発です。
北屏風山にて。
b0354279_18415591.jpg
カラフルなウエアなので戦隊ものに見えます。
黄色がいれば完璧だったかもしれない…キャラ的には私が黄色だとは思います(食いしん坊、お笑い担当、カレー好き)


大有珠にて。
b0354279_23313455.jpg

オガリ山にて。
b0354279_18420783.jpg
※上記7枚の写真はtarumae-yamaさん撮影

この日は西山~北屏風山~大有珠~オガリ山~有珠新山~小有珠と全てのピークでボルトポーズをやりました\(^o^)/
相変わらず太股にクるポーズでしたが、みんなで決めるポーズはとても楽しかったです。


お久しぶりの人からはじめましての人まで私が一方的にお喋りしながら有珠山を楽しみましたー😆
天気もそこそこ良くて満足な一日でした(*´∀`*)




おまけ。

行きでおトイレタイムで寄った豊浦の道の駅にいるにゃんこを撮ったので載せます👀📷✨
b0354279_23175969.jpg
まんまるにゃんこ可愛い🐱
b0354279_23182018.jpg
美味しそうなフォルムにゃんこ様でした(*´∀`*)



[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-12-14 23:35 | 登山。 | Comments(12)

2016年11月6日(日)初めての有珠山②

懸賞 2016年 12月 12日 懸賞

前回の続きですー。

大有珠までやって来たのですが、生憎の雪で景色が見えず…。
でもこ真の頂上に登頂出来たのでこれはこれで達成感があったので良しとしたのですが…



晴れ間キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
b0354279_15125572.jpg



なんとなんと!
ちょうど良いタイミングで晴れ間が見えたのです!
それはまるでグレー色のカーテンが一気に開いたようにぶわーっと(゜o゜)
b0354279_15121599.jpg



まさか景色が見れると思ってなかったのでみんなから歓喜の悲鳴が(∩´∀`)∩きゃー

シャッターチャンスです、みんな写真撮りまくりです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
b0354279_15123593.jpg


洞爺湖もキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
b0354279_15130916.jpg
凄く綺麗!


なのですが…皆が喜びを分かち合っている時、私はあの遊覧船を見て
b0354279_15132198.jpg

「ぬくぬくとしやがって…この金持ち共め。(被害妄想)」

と思っていた事は秘密です。

寒さは人の心を廃れさせますね。


さて、そんな晴れ間もすぐに曇りにかわりました。
寒いので軽くおやつを食べて下山することにします。
b0354279_15133532.jpg


林道まで下ると雪が無くて煙が出ているところに近付くと地熱があって凄くあったかい!(゚∀゚)!
b0354279_15135413.jpg

い…生き返る…。
みんな手を温めたりお尻を温めたりと冷え切った体を温めました。


ビビちゃんもちょうど良い位置にお尻を置いて暖を取っています。
b0354279_15140570.jpg

やはりレディは腰を冷やしてはなりませんからね。
私も先日貼るホッカイロを大は120個(身体用)、小は60個(足の裏用)購入しました。山に登る時は最低でも六枚体に貼って行くのですが、必ずお尻にも貼ります。
何を隠そう私はがっちゃき(北海道弁)の持ち主ですからね。冷えは禁物です。
がっちゃきと聞いて笑った人、将来切れ痔で苦しむ呪いをかけましたからね。


温かいのでなかなかその場所から離れられなかったのですが下山することにします。
b0354279_15141931.jpg

b0354279_15143797.jpg


ウィンザーホテルも見えました。
このホテルの形ってアップで見るとただのホテルなのですが、遠巻きに見るとカットされたシフォンケーキに見えるのでとてもシフォンケーキが食べたくなります。
b0354279_15144932.jpg
なので下山後シフォンケーキを食べますた(゚д゚)ウマー


太平洋も見えてきました。
b0354279_15150876.jpg


ソラ君もお疲れ様でした(*‘ω‘ *∩
b0354279_15155805.jpg

b0354279_15162021.jpg

b0354279_15163821.jpg


形が綺麗なもみじ。
b0354279_15164882.jpg


人生初の有珠山にしてひょんなことから真の頂上まで目指すことになりましたが、無事に登頂出来て嬉しかったです。
とても良い経験になりました。
ただこんなに気温が低くなると思わず本当に寒くて辛かった…心が折れっぱなし、天に召されかけまくりの登山でした(#^ω^)
これからはもっと防寒対策をきっちりしなければなりませんね。

でもまた晴れた日に登ってみたいと思えるお山でしたー\( 'ω')/


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-12-12 00:06 | 登山。 | Comments(4)

2016年11月6日(日)初めての有珠山①

懸賞 2016年 12月 11日 懸賞

2016年11月6日(日)

※今回は寒いという単語ばかり出て来ます。

年間100座以上登っているのに有珠山にはまだ登った事が無いのでtarumae-yamaさんとUさんとビビちゃんと登る事にしました。
そしたら稀府岳に登る予定だったけど諸事情で中止になってしまったというコズさんが急遽参加してくれる事になりびっくり。
コズさんとは以前楓沢~風不死岳で一緒に登った事があります。今回はコズさんの相方さんのきくさんとワンちゃんのソラ君も一緒です。賑やかに登れそう😆
本来なら展望台までの予定だったのですが、山頂には行かないの?という事になってこれまた急遽真の山頂まで行くことになりました。
私以外の山友さんは有珠山に登った事はあるのですが真の頂上には誰も登った事が無いので満場一致で決定でした。
※有珠山は山友さんが関係機関に違法行為では無い事を確認しています。

山男三人、山女三人、わんちゃん二匹で出発です。
私が準備している間にコズさんときくさんとソラ君は先に出発していただきました。
b0354279_15062410.jpg
この日の天気予報はそんなに悪くは無い筈だったんですよ。

なのに…
b0354279_15063841.jpg


なんでこんなに雪降ってんの!?

天気予報のヤロォォォォォォォ!
許さん!許さんぞ!
b0354279_15065303.jpg
と、キレてはみたものの実際には寒すぎて喋れなくなりました。
私、寒いと口も動かなくなるし思考停止します。


登山道はとても登りやすいです。
b0354279_15071244.jpg

この看板の鳥の表情がムカつく。
寒いのでただの看板にも八つ当たりしたくなります。
b0354279_15073250.jpg
b0354279_15075069.jpg

コズさん達と合流しました。
ソラ君とは初めて会ったのですが超元気!
小さな体なのに意外にタックルが強くて笑ってしまいました。
オラにその元気を分けておくれ…わしゃもう寒くて辛い。
b0354279_15080920.jpg
うさぎさんは動物の中で一番好きなのでこの看板には腹が立ちません。
でももさもさ雪が降ってきたので心が折れかけていたような気がします。



「…。」
b0354279_15084996.jpg
亀さんは何で沈黙してるの!?

とても哀愁のある看板なのでどんな人が作ったのか想像を掻き立てられ…ませんでした。


寒い寒いと言いながらも楽しくお喋りしながら登れたので順調に展望台に到着ですー。
ただ脳味噌までしばれたせいか何を喋ったか記憶にありません…。
b0354279_15091194.jpg
コズさんからシュークリームをいただきました(^q^)
うめぇぇぇ…生き返ります、有難う御座います。
b0354279_15092477.jpg

本来ならここまでですが、更に先に進んで真の頂上を目指します。
b0354279_15094280.jpg

左に北屏風山、手前が小有珠?
今回は大有珠のみです。
b0354279_15095847.jpg


晴れ間が見えたー。
い…生き返る…。
寒すぎて天に召されかけてた。
b0354279_15101308.jpg

頂上はみんな未踏なので、山男さん三人で相談しながらルートファインディング。
私は一切そういう事が出来ないので、こういう地図を見たりルートファインディング出来る人を見ると凄く格好良いなと思います。
b0354279_15102964.jpg

また雪降ってきやがった…。

この時の私の顔、物凄い悲惨な表情になっていたと思います。
多分人生に絶望した顔してたマジで。
b0354279_15104500.jpg

樹氷になりかけ。
b0354279_15110434.jpg


どうにかこうにか(私はみんなに着いていっただけですが)
真の山頂到着ー!
b0354279_15115158.jpg

生憎の曇りと雪…

でしたが、なんとこの後一瞬の晴れ間が!

その②に続きますー。

[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-12-11 05:00 | 登山。 | Comments(4)

2016年12月3日(土)快晴の有珠山(仮)

懸賞 2016年 12月 05日 懸賞

2016年12月3日(土)


とても天気の良い中、チームtarumae-yamaで有珠山に登ってきましたー。
前回の恵庭岳に引き続き速報版としてぺろっとうpします(もう二日経っているので速報もクソも無いのですが)
ブログも亀更新だし気まぐれで山行を載せない時もあるかもしれないのでこれからは登ったらまずは速報版的なものをうpしていくスタイルにしていこうと思います。



大有珠の頂上の岩の上。
高い所が大好きな私にはここは素晴らしいお立ち台です。
b0354279_18490267.jpg

今回のメンバーはtarumae-yamaさん、恵庭岳の神様Sさん、笑顔が素敵なUさん、そしていつ配偶者を山の上から突き落とそうか虎視眈々と狙い合っている私達夫婦です。
b0354279_18491607.jpg

洞爺湖ブルーがとても綺麗。
奥に私の好きな羊蹄山さんが見えます。
この時期は羊蹄山さんは機嫌が悪い時が多いのでこんなに綺麗に姿を見せてくれているのは珍しい気がします。
b0354279_18493071.jpg

なんちゃら火口。
やっぱり雄々しい火山が好きです。
b0354279_18494625.jpg


写真ではうまくお伝え出来ないのですが、めっちゃ急斜面を下っています。
b0354279_18495941.jpg


噴煙たまらん。
b0354279_18501428.jpg

亀。
b0354279_18502641.jpg
このオスプレイの黄色いザック、tarumae-yamaさんから戴いたのですが私が背負うといかんせんギャグになります。
どう見ても亀。
Sさんはてんとう虫と言ってくれました。
でもザック自体は容量も大きくて沢山物が入るので冬にうってつけです(*´∀`*)



風と噴煙と光の陰影とその他もろもろの条件が重なってただの岩が幻想的に見えました。
b0354279_18504570.jpg


新世界の神になる!
b0354279_18505781.jpg
ここにモンブラン教を創始します。
教祖は私、お布施はモンブランでお願いします。
幻想的な景色もこんな事に使われて不憫ですね。




THE青空。
b0354279_07465121.jpg

羊蹄山と洞爺湖をバックに。
b0354279_07471112.jpg


オガリ山の頂上でボルトポーズ\(^o^)/
b0354279_07473811.jpg

こちらは小有珠でボルトポーズ。
b0354279_07475092.jpg
この日はボルトポーズ連発でした。
このポーズ、太ももへの負担が地味に辛い\(^o^)/


お気に入りの写真。
b0354279_07480115.jpg
上記の五枚はtarumae-yamaさんが撮影してくれました(*´∀`*)


この日は天気に恵まれとても暖かく今年三回目の有珠山にして最高の山行でした。
やっぱり暖かいと気持ちに余裕が出来て楽しいですね。
寒いと登山どころか人生が嫌になるので早く冬が終わって欲しいものです。


また晴れた日に行けたらなぁと思いますん(*´∀`*)

[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-12-05 08:44 | 登山。 | Comments(6)

2016年10月24日(月)海向山&恵山③

懸賞 2016年 11月 05日 懸賞

前回の続きですー。



誰もいないのでいつも装備している鉈を持って撮影。

本人は格好良いポーズでキメているつもりですがただの頭のおかしい人だコレ。
b0354279_14502327.jpg

もういっちょ。
b0354279_14495109.jpg
武器を持つというのは中二病に心をくすぐります。
使いもしないのに折り畳みナイフを持ち歩いちゃう男子とかいますよね。
私も今でこそ大分治まりましたが中二病が重症だった頃は煙草吸えもしないのにジッポーを持ってみたり、ヴィジュアル系大好きだったので安全ピン制服や鞄に刺しまくったり手首に血糊の付いた包帯(しかも血じゃなくて食紅)とか巻いていました(しかも痛いの嫌いなのでNotリスカ)

すげぇ黒歴史。



頂上には神社があります。
自由に何でも書いて良いノートが置いてあるのですが、本州から来てる方が沢山いました。
「お腹が痛い」と書いている人がいたのですがノートに書く位なので切実にお腹が痛かったのでしょう。
山の中でお腹が痛くなるって死活問題ですよね。
b0354279_07364004.jpg


綺麗だなー。
b0354279_14505530.jpg


…寒い。

っていうか…

雪ちらついてきたんですけど!?

そんなバナナ

    厂|
   / /|
  / / |
 | (゚Д゚)
 |(ノ| |)
 | | |
  \_ゝ_ゝ
   ∪ ∪

前の記事で散々フラグを立てていましたが、

雪って何だよ!道南だよ!?
天気予報でも晴れ時々曇りって言うてましたやん!
気温も10度近くまで上がるってさぁー!
でも1度しか無いんだけど!?
流石に雪は想定外だよ!
道南だからちょっと薄着してきたのにこれだよ!
カイロも貼ってないよ!
嘘だと言ってよバーニィ!(ガンダム好き)


上記の台詞リアルに言いました。
うるせぇ女だと旦那は思っていたでしょう。


寒くてテンションが下がって来たので下山します。
b0354279_14514479.jpg


ここで可愛いゴールデンレトリバーを連れた女の人二人が登って来たので、わんちゃんをもふもふしながら少しお話して別れたのですが、後程いつも見ているブロガーさんだと判明し(後日ブロガーさんのブログを見てわかった)一緒に写真を撮ってもらえば良かったと激しく後悔しました(´・ω・`)
b0354279_14522006.jpg


しかもまたコケるし。
b0354279_14525061.jpg
雪はちらつくわいつも見ているブロガーさんだと気付かないわコケるわついてなさすぎ。雪以外は自業自得だけども。




岩に登ってキメキメで撮影したかったけど寒くて体が動かなったのでこんな体勢になりました。
b0354279_14532350.jpg
気持ちわりぃなコレ。
夢に出てきそう。



b0354279_14535951.jpg


火山の荒々しい感じが好きです。
b0354279_14543676.jpg

b0354279_14551228.jpg

大分おりてきました。
b0354279_14554860.jpg


また来年ラッキーピエロとハセガワストアのついでに来るぜ。
b0354279_14561953.jpg


下山しましたー。
b0354279_14565218.jpg


下山した後ちらついて雪が雨に変わってきました。
最近の天気予報はいけずですね。
クソ程にも当たってない。
b0354279_14572218.jpg

b0354279_14575766.jpg

去年よりは色付きがあまりよく無かったかもしれませんが、これはこれで綺麗な紅葉でした。
b0354279_14583056.jpg

寒いのと雪が嫌で道南に行ったのに雪がちらつく程寒かったという天気の嫌がらせを受けましたが、雨にはぎりぎり当たらず、平日だったせいか人もおらずのんびり登れたのと、立派な角を持った鹿さんに出会えたので良い山歩きになりました。
前向きになったもん勝ちです。
また来年行けたら良いな(^ω^)


さて、この日のメインのラッキーピエロに移動しますん。


 ブーン  /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
    |  /
     ( ヽノ
    ノ>ノ
  三 レレ



コースタイム
登山口8時47分→恵山9時37分→下山開始9時59分→登山口10時55分

登り50分
下り54分




[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-11-05 18:48 | 登山。 | Comments(8)

2016年10月24日(月)海向山&恵山②

懸賞 2016年 11月 04日 懸賞

前回の続きです。

駐車場まで戻ってきたので早速恵山に向かいます。
b0354279_14384424.jpg

b0354279_14391432.jpg


この日の前日に雪景色の目国内岳に登って寒い思いをしたので雪がまだ無い道南の山は良いですね。
それにこの日の天気予報は晴れ時々曇りで最高気温は10度近くまで上がるそうですから雪が降ることは無いでしょうね。

でもこの時点で気温が1度しか無いんですよね。

まだ朝早いからかな?
まさか雪が降る事は無いでしょう。無いと言って。
b0354279_14394448.jpg


ここから登りが始まります。
b0354279_14403264.jpg


噴気口から水蒸気が立ち上っています。
火山が大好きな私にはたまらない光景です。
b0354279_14410428.jpg


丸太の階段で整備されているので歩きやすいです。
b0354279_14413668.jpg


しっかり立っている標識。
b0354279_14420667.jpg


何故か何かにやられたのか倒れている標識。

「俺はもう駄目だ…。俺に構わず先に行ってくれ…。」
b0354279_14424327.jpg


何をしているんでしょうか。
手稲山で社会の窓が全開だったので確認しているのでしょうか。
b0354279_19271574.jpg


先程までいた海向山と駐車場が見えます。
b0354279_14431576.jpg


火山特有のにおいがしてきます。

無性に温泉たまごが食べたくなりますね。
でも今日はラッキーピエロを食べなければならないという義務があるので玉子はお預けです。
b0354279_14435261.jpg

b0354279_14442393.jpg

結構風が強いです。寒い。
b0354279_14445538.jpg


あともう少し。
b0354279_14454068.jpg
100mと言えば、私の高校生時代の100m走の記録は何と24秒でした。
勿論クラスの中で断トツに最下位です。
運動神経が無さすぎて泣ける。
実技が駄目駄目過ぎて体育の成績は絶望的でしたが、それを保健体育で完璧にカバーしたので性的な知識が無駄に豊富になったのでしょう。
中学一年生の頃にエロ本(BL)を没収されたのは良い思い出です。ていうか返してもらってない。




えーと、日本海?太平洋?
まぁあれだ、海ですね、海。
細けぇこたぁいいんだよ。
b0354279_14461707.jpg

到着ー!
b0354279_14485761.jpg
寒いー!


その③に続きますーφ(..)


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-11-04 20:00 | 登山。 | Comments(8)

2016年10月1日(土)雌阿寒岳~阿寒富士③

懸賞 2016年 10月 13日 懸賞


青沼まで戻ってきましたー。
やっぱり神秘的な色。
b0354279_07491699.jpg


頂上まであともう少しです。
b0354279_07494173.jpg


阿寒富士と噴煙と青沼。
b0354279_07501083.jpg


やっと戻ってきましたー!
絶景。
b0354279_07502406.jpg



フヒヒw遂にお待ちかねの富良野あんころタイムです(^q^)
青えんどう豆を使ったおはぎとか超気になります。

もぐもぐ…



あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
うまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!


何コレ!?超極上なんですけど!?

青えんどう豆の味と私好みの甘さと一粒一粒がしっかりと残っているもち米が絶妙なハーモニーを醸し出しております。
今まで食べた中で間違いなく一番美味しいおはぎでした。(山登り中に食べたからというのもありますが)
最初はずんだ餅に似ているなーと思っていたのですが全然違う食べ物でした。
本当に美味しい!
またカンパーナに行ったら絶対買う。20個は買う。
b0354279_07503737.jpg



さてさて、お昼御飯と富良野あんころを美味しく戴いたので下山する事にします。
b0354279_07505052.jpg


泥沼のような色に見えるのに赤沼がきらきら光っていて何だか綺麗です。
b0354279_07510506.jpg


オンネトーも綺麗。
b0354279_07511555.jpg


そう言えばコレ。

ルナ「何で電気スタンドがこんな所にあるんだろうね?」
旦那「誰か置いていったんじゃない?」
ルナ「んな訳ねーだろw」

と言う会話をしていたのですが、どうやら火山活動観測用のGPSアンテナと測定器が設置されているようです。
b0354279_07512921.jpg


はい、またオンネトー。
綺麗なので何度も写真を撮ってしまいます。
b0354279_07514358.jpg


大分下ってきました。
あまりにも天候が良くぽかぽかと暖かいので下山するのが名残惜しくなってきます。
b0354279_07515425.jpg


13時21分、無事に下山しました。
b0354279_07520736.jpg


下山後は野中温泉で汗を流します。
b0354279_07522151.jpg


の、前に…


チロルちゃん見っけーーーーーーーーーーー\(^o^)/

チロルちゃん可愛いー!

雌阿寒岳に来たからには一度会ってみたかったのです。
おとなしくてめんこい(*´∀`)

のですが、「チロルちゃーん!」とニヤニヤニコニコしながら近付く私を華麗にスルーして真っ先に旦那の方に向かって寄り添うチロルちゃんwちょw無視しないでw
何故か動物に好かれる旦那と動物に嫌われる私\(^o^)/
何でだろう…いくら動物がお肉だからって見境なく食べたりしないから大丈夫だよ(´・ω・`)
b0354279_18473309.jpg

こちらの温泉には他にもにゃんこがいらっしゃるのですが私は見れませんでした(´・c_・`)
後程旦那にその事を言ったのですが「いたよ?」との事。
じゃあその時に言えよ!


チロルちゃんをもふもふした後は温泉に入って帰宅しました。
最高の一日でした。


ちゃんちゃん♪





…で、終われたら良かったのですが、この後ちょっとした悲劇が。

温泉で盛大にすっ転んで腰の横と二の腕からがっつり流血しました\(^o^)/

左半身がクッソ痛いwww
世紀末にヒャッハーしてあべしされた後みたいな負傷レベルです。
山で転んで怪我するならまだしも温泉で怪我とかもうドジっ子☆どころかただのバカだろ。
そして旦那も露天風呂で踵を負傷しました\(^o^)/
夫婦揃って何やってんだ。
自業自得とは言え私の怪我は約一週間化膿して本気で痛かったです(´;ω;`)


ですがこの日は天候にも恵まれ、最高の眺望で本当に大満足の一日でした。
無理をしてここまで来た甲斐がありました。私は助手席で寝ていましたが。
こんな素晴らしい日に日本百名山を、そして大好きな火山に登れて良かったです。
ここもとても大好きな山の一つになりました。またいつか登りたいなぁ。


流石に帰りの途中で旦那は力尽きるだろうと思ったのですが、何と最後まで一睡もせずに帰宅したので改めて化け物並みの体力だなと認識した一日にもなりました。
でも本当にお疲れ様でした(*´∀`)♪旦那には感謝です。



この翌日、銭函天狗山に登りに行ったのですがそれはまた後程UPします(σ*´∀`)






コースタイム
登山口8時11分→雌阿寒岳9時41分→雌阿寒岳出発9時46分→阿寒富士10時30分→阿寒富士出発10時49分→雌阿寒岳11時36分→雌阿寒岳出発12時14分→登山口13時21分

雌阿寒岳まで1時間30分
雌阿寒岳から阿寒富士まで44分
阿寒富士から雌阿寒岳まで47分
雌阿寒岳から登山口まで1時間7分



[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-13 01:24 | 登山。 | Comments(6)

2016年10月1日(土)雌阿寒岳~阿寒富士②

懸賞 2016年 10月 12日 懸賞

前回の続きですー。



絶景ってまさにこう言うことを言うのですね。
ずっと見ていたいです。
もう歩きたくない。
b0354279_07435363.jpg


次に目指す阿寒富士。

少々下りが続きます。
b0354279_07453163.jpg


青沼凄い綺麗!

何でこんな綺麗な色なんだろうなー。ちゃんとした原理は色々あるのでしょうが頭が悪いので自然の神秘という事にします。
b0354279_07454641.jpg


噴煙凄い。やっぱり火山は良いですね。
b0354279_07460542.jpg


さてさて阿寒富士の裾野に到着です。
何か結構下った気がするのですが帰りにまた登り返さなければならない事を考えると人生が嫌になるので考えない事にします。

…凄いわかりやすいジグザグが見えますが…まさかアレを登るんか…。

雌阿寒岳を登る時よりハードルが高い気がしてきました。でも富良野あんころが待っているので天気が良いので頑張れます。
b0354279_07461778.jpg


…きっつい\(^o^)/

傾斜もあるし何より細かい砂利道?が蟻地獄みたいにふかふかしてて一歩進んで半歩下がる状態。
アカン…雌阿寒岳より先にワイのふくらはぎが噴火しそうや。
b0354279_07463099.jpg


振り返ると先程までいた頂上が見えます。
またあそこに戻らなければならないなんてなんて拷問なんだ…。
でも絶景!


あともう少し!
b0354279_07464581.jpg


はい到着ー!
b0354279_07470996.jpg

雌阿寒岳の頂上から44分で到着です。
そんなに時間はかかっていない筈なのに物凄い歩いた気がする。



と、ここで驚きの出会いが!
先日イワオヌプリでお会いして会話した方と偶然に再会しました!
ヤマップをされていてたまに覗いていいたのですが、こんな所で会うなんてー!とお互いに驚きつつも嬉しかったです。
いつも山頂で麦とホップを飲んでいるので勝手に麦とホップさんと呼んでおります(笑)

折角なので記念撮影)^o^(

麦とホップと青空がマッチしています。
b0354279_07472704.jpg


麦とホップさんは次の日に池田ワイン祭りに参戦するのでこの日ついでに雌阿寒岳に登りに来たとの事です。
私はお酒は飲めませんが好きな人だったら山頂で飲むビールはきっと極上なんだろうなーと思いました。
この後少しお喋りして私達は雌阿寒岳に戻るのでお別れしました。
また何処かでお会い出来ると良いなぁ。



阿寒富士からの景色も最高です。
b0354279_07474705.jpg

来た道を戻ります。
b0354279_07475906.jpg



登りではキツかった蟻地獄も下りではふかふかとして足に優しくて天国になります。
b0354279_07481156.jpg


下り終えました。
歩きやすかったのもあってあっという間でした。
b0354279_07482480.jpg


…ですが下りが終わったという事は登りが始まるという事なので…もう嫌だ\(^o^)/

しかも雌阿寒岳から阿寒富士に下る際は見落としていたのですが、まさか8合目まで下っていたとは思わず…また2合分登り返さなければならないと気づいた時にはその場で崩れ落ちそうになりました。

しかもこの時私はシャリバテを起こしていたので「もうやめて!ルナのHPはゼロよ!」状態です。
b0354279_07483871.jpg


ほげぇーきっつい。
ポケットに入った乾燥マンゴーを食みながら登ります。
どうでもいい話ですが私のポケットやウエストポーチの中身はおやつでいつもパンパンです。いつでもすぐに取り出せるのでシャリバテをおこしそうになった方はいつでも言って下さい。
b0354279_07485192.jpg


…もうアカン。
これだから登り返しは苦手なんだ!
b0354279_07490067.jpg
でもなんとかかんとか9合目に着きました。
富良野あんころちゃんが私の背中を押してくれます。

早く食べたい(^q^)

山頂まであともう少し。


[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-12 08:09 | 登山。 | Comments(2)

2016年10月1日(土)雌阿寒岳~阿寒富士①

懸賞 2016年 10月 11日 懸賞

2016年10月1日(土)


芦別岳の翌日、これまた天気予報が良さそうだったのでまだ未踏の雌阿寒岳&阿寒富士に登ってきましたー(°∀°)

芦別岳下山後一度家に帰宅して急いで準備して即雌阿寒岳に向かいました。

旦那は私が洗濯をしている間の約一時間の睡眠で出発です。

長距離運転頑張れ!超応援してる!
その後私は助手席で寝てました。

今回何故こんなに無茶苦茶な事をしたかと言うと、台風の被害で高速道路の占冠→音更帯広までが無料区間だから。なのと、日本百名山だしこの日も晴天がかなり期待出来そうだったので。
あと花も紅葉も良いですが、それより火山が大好きです。

自宅から小休憩を入れながら車を走らせる事約六時間、登山口に無事到着です。

体が凄ぇ怠い。

でも

天気ヤバーーーーーーーーーーーイ!

太陽のお陰でテンションガン上がりです。

前日に続きこの日も晴天が期待出来そうです(°∀°)
b0354279_07381305.jpg

今回は雌阿寒温泉登山口から登って雌阿寒岳~阿寒富士をピストンします。

8時11分登山開始です。
b0354279_07382902.jpg


躍動感のある登り方。単に写真がブレているだけです。
b0354279_07385247.jpg

b0354279_07391194.jpg


なだらかな傾斜ですが、木の根っ子に足を取られそうになります。
b0354279_07392695.jpg
もうマジ眠い。
b0354279_07393842.jpg


サン・アタックキター!!
目が覚めます。体は怠すぎですが。

b0354279_07395060.jpg


振り返るとオンネトーが見えます。
b0354279_07401023.jpg


半分きました。
b0354279_07402387.jpg


今日も最高に天気が良いです。
b0354279_07403863.jpg


そんなに急な所はないので休憩無しでガンガン登っていきます。
休憩したら寝てまう。
b0354279_07404738.jpg
b0354279_07410022.jpg
b0354279_07411344.jpg

途中で旦那が先頭になったのですが、やっぱりペースが早い。
何故そんなに体力があるんだコイツ…。
この頃の私はもう息も絶え絶えです。
前日カンパーナで購入した富良野あんころだけが私の気力を支えています。

俺…この登山が終わったら、富良野あんころを食べるんだ…。
b0354279_07413613.jpg

九合目。
あともう少し!
b0354279_07414865.jpg


赤沼。
荒々しくて格好良い。
b0354279_07420382.jpg


阿寒湖と雄阿寒岳が見えた!
b0354279_07431873.jpg


9時41分無事到着ー!
b0354279_07433661.jpg

景色が本当に綺麗!

1時間半でこの景色を見られるなんてお得感が凄いです。



風もあまり無くて暖かいのでこのまま雲一つ無い景色をずっと見ていたい所ですが、次は阿寒富士に登らなければならないので写真を撮って出発する事にしますー(´ω`)==3。




[PR]

by RubyxJDA0509xyasu | 2016-10-11 07:55 | 登山。 | Comments(6)